2016年 一覧

2016.12.23

滋賀県米原市統合庁舎整備市民ワークショップにインテリアプランニング研究室が協力しました

20161221002.jpg

滋賀県米原市統合庁舎整備市民ワークショップ(第1回:2016年11月12日、第2回:11月26日)に、都市生活学部のインテリアプランニング研究室(指導教員:高柳英明准教授)が協力しました。 

本市では、統合庁舎の整備を契機として米原駅周辺にまちの核を創るとともに、各地域の特長を生かした未来につなぐ持続可能なまちづくりを進めるため、現在、平成32年度完了を目指して統合庁舎整備に取り組んでおります。 

今回は、米原市庁舎等整備基本構想で定めた統合庁舎の基本理念、整備理念の実現に向け、庁舎機能、施設配置などの課題や条件整理を行い、基本設計につなげるための整備方針を、市民や利用者の立場から闊達な意見交換、問題提起を行うことを目的に、本ワークショップを開催しました。

 第1回目では、冒頭にワークショップの概要や庁舎等整備基本構想について事務局より説明がありました。続いて、高柳准教授より統合庁舎の立地状況などについて街区模型を用いて、メリット・デメリットを説明しました。その後、参加者は2グループに分かれ、街区模型を見ながら「将来性」「安全性」「ユーザビリティ」「ホスピタリティ」「エコシナジー」などのキーワードを基に、同准教授やアシスタントの本学学生も加わり、参加者と意見交換を行い、交流を深めながら問題の解決策やアイディアを出し合いました。 

第2回目では、前回出た意見から5つの視点を踏まえ、その視点ごとに、プラス意見やマイナス意見を整理し、ワークショップを進めていきました。最後に、事務局及び同准教授が意見を集約して、閉会となりました。 

今後は、同ワークショップで出された意見結果を踏まえ、米原市庁舎等整備基本計画に反映していきます。

2016.11.01

都市生活学部 学部展「創発する都市を仕掛ける」 開催のご案内

開設8年を迎えた東京都市大学都市生活学部は、2016年11月25日(金)・26日(土)、
学部の研究・教育成果を発表する「学部展」を開催します。
学部の16研究室の最新の研究の取り組みを展示する研究室ショーケースのほか、
都市をめぐる先端的な活動を行うキーパーソンとともに、
これからの「都市生活学」についてディスカッションします。
みなさまのご来場を、心からお待ちしています。

----------------------------------------------------------------
東京都市大学都市生活学部[学部展]
「創発する都市を仕掛ける -都市生活学部の教育力と研究力- 」

■会期:2016年11月25日(金)-26日(土)
    時間:11月25日(金)13:00〜19:30
       11月26日(土)10:00〜15:00

■会場:東京都市大学夢キャンパス(二子玉川ライズ)
    東京都世田谷区玉川二丁目21番1号 二子玉川ライズ・オフィス8階
    東急田園都市線・大井町線「二子玉川駅」下車 徒歩1分
■Facebookページ →都市生活学部[学部展]
 リンク:
 セッション内容な登壇者情報など、最新情報をお知らせいたします。

■プログラム
【11月25日(金)】
 ◯13:00-14:30 クロスブックトーク
 「都市生活・都市交通・住宅デザイン」
  松田 篤志(有限会社エーエムクリエーション取締役社長)
  添田 貴之(株式会社添田建築アトリエ代表取締役)
  西山 敏樹(都市生活学部 准教授)
  高柳 英明(都市生活学部 准教授)

 ○15:00-16:00 共同研究セッション
  東急不動産「グランクレール世田谷中町多世代交流サロン計画」
   田苗 創基(東急イーライフデザイン 運営本部 事業企画部)
   空間デザイン研究室、コミュニティマネジメント研究室
  東急電鉄「路上観察学に基づく魅力地図製作プロジェクト」
   平江 良成(東京急行電鉄 鉄道事業本部 事業推進部 沿線企画課 課長)
   末繁 雄一(都市生活学部 専任講師)、都市生活学部東急電鉄PJ メンバー

 ◯16:30-18:00 キーノートセッション1
 「都市文化の創発に向けて (仮)」
  西澤 信二(東急電鉄株式会社)
  山根 格(都市生活学部 教授)
  
 ◯18:00- 懇親会

【11月26日(土)】
 ◯10:30-12:00 キーノートセッション2
 「なぜコミュニティデザインを学ぶのか?『人と人をつなげる仕事』のこれまでとこれから」
  山崎 亮(Studio-L代表、東北芸術工科大学コミュニティデザイン学科教授)
  坂倉 杏介(都市生活学部 准教授)

 ◯13:00-14:30 キーノートセッション3
 「都市と集客の未来 ービッグデータ、イノベーション、創造都市ー」
  山口 有次(桜美林大学ビジネスマネジメント学群 教授)
  松本 阿礼(株式会社ジェイアール東日本企画 駅消費研究センター)
  川口 和英(都市生活学部 教授・学部長)
―――――
・展示
 ・研究室ショーケース
 ・カフェコーナー
 ・入試情報コーナー

学部展2016 フライヤー.jpg

2016.08.28

【10/10】大学の"普段の"授業が体験できる「Weekday Campus Visit」を開催

高校生の皆さん、東京都市大学等々力キャンパスに学びに来ませんか?
 
都市生活学部では、今年度より新たに高校生の皆さんに向けた授業公開型の進路発見プログラム「WEEKDAY CAMPUS VISIT(略:WCV)」を開催しています。
 
現在、10月10日(月・祝)開催分の申込受付中です。
 
WEEKDAY CAMPUS VISITは、本学がNPO法人NEWVERYと共同で実施する、高校生の皆さんが大学の「本当の姿」を体感できる "一歩先をゆく進路選びのプログラム" です。

大学で行われている普段の授業を実際に体験しながら、一緒に将来の進路について考えることができる絶好の機会です。休日のオープンキャンパスとは違った角度から大学の魅力を体感しませんか? 
 
■ WCVの特徴(1) 自分の目で、本当の大学の姿を見ることができる!
通常授業が行われている日の大学において、実際の授業に参加できるので、その内容や、教育スタイル、先輩の学びの様子など、オープンキャンパスよりもさらに深く「ありのままの大学」を体感できます。
 
■ WCVの特徴(2) 自分に合った大学の選び方、見方を学ぶことができる!
授業を受ける前と受けた後に、参加者全員で、自分に合った大学を選ぶにはどうすれば良いかを考えます。「大学選びの専門家(WCVコーディネーター)」が、"大学選びのコツ"を伝授します。 
 
 
★ 都市生活学部WCV(10月10日) 開催概要と申込受付 
 10月10日(月・祝) 都市生活学部 
 
■ 当日のスケジュール
 9:30 受付 
 9:50-10:50   ガイダンス 
 10:50-12:30 授業を受講 「都市空間の演出」 
 12:30-13:20 学食で昼食 
 13:20-15:00 授業を受講 「マーケティングリサーチ演習(1)」
 15:10-16:30 振り返りワーク                  
 16:40 解散 
 
■ 集合場所
等々力キャンパス3号館1階 キャンパス総務センター
 
■ 参加費
参加費は無料です。
*本学までの交通費、学食でのランチ代は自己負担になります。
 
■ 募集人数
事前申込制 30名 (先着順)
 
■ 参加申込み方法 
 
■ 注意事項
・大学生として授業に参加するプログラムのため、必ず私服でいらしてください。
・WEEKDAY CAMPUS VISITはガイダンスから振り返りワークまでを含めたプログラムですので、原則として、遅刻・途中退席・早退はご遠慮いただいております。
 
【お問い合わせ先】
 東京都市大学 等々力キャンパス
キャンパス総務センター
電話:03-5760-0104(月-金 9:00-17:00)
E-mail: tcsoumu@tcu.ac.jp

2016.07.22

8/6・8/7にオープンキャンパスが開催されます!

ープンキャンパスが、8月6日(土)・7日(日)に等々力キャンパスにて開催されます。


8月6日(土)の主要プログラム
 ・オリエンテーション(10:00-10:05、13:00-13:05)
  大学概要、キャンパスの概要、当日のスケジュールなどについてご説明します。
 
 ・学部学科紹介(10:05-10:35、13:05-13:35) 
 都市生活学部の概要や特色、授業内容、入試概要などについてご紹介します。 

・TAPオーストラリアプログラム説明(10:35-10:55、13:35-13:55) 
 TAP(オーストラリア留学プログラム)についてご説明します。 

・体験授業1(11:00-11:30) 
 「ひとを集める 〜集客と都市空間〜」(講師:川口和英 教授)
・体験授業2(14:00-14:30) 
 「福祉のまちづくりと都市生活」(講師:西山敏樹 准教授)  

・就職状況説明(11:30-12:00、14:30-15:00) 
 都市生活学部の就職状況についてご説明します。 

・学科展示(10:00-16:00)
  学科や研究室・教員を紹介するパネルの展示を行います。 

・個別相談コーナー(10:00-16:00) 
 授業や入試などの各種相談に随時応じます。

 ・キャンパスツアー(11:00-16:00) 
 等々力キャンパス内の学生施設(プロジェクトスタジオ、都市フォーラム、製図室、図書館等)を案内します。


8月7日(日)の主要プログラム 
 ・オリエンテーション(10:00-10:05、13:00-13:05)
  大学概要、キャンパスの概要、当日のスケジュールなどについてご説明します。
 
 ・学部学科紹介(10:05-10:35、13:05-13:35) 
 都市生活学部の概要や特色、授業内容、入試概要などについてご紹介します。 

・TAPオーストラリアプログラム説明(10:35-10:55、13:35-13:55) 
 TAP(オーストラリア留学プログラム)についてご説明します。 

・体験授業1(11:00-11:30) 
 「人間行動と空間デザイン」(講師:高柳英明 准教授)
・体験授業2(14:00-14:30) 
 「これからの住まいと生活者参加」(講師:信太洋行 准教授)  

・就職状況説明(11:30-12:00、14:30-15:00) 
 都市生活学部の就職状況についてご説明します。 

・学科展示(10:00-16:00)
  学科や研究室・教員を紹介するパネルの展示を行います。 

・個別相談コーナー(10:00-16:00) 
 授業や入試などの各種相談に随時応じます。

 ・キャンパスツアー(11:00-16:00) 
 等々力キャンパス内の学生施設(プロジェクトスタジオ、都市フォーラム、製図室、図書館等)を案内します。

2016.06.20

東急電鉄発行のフリーペーパーに本学部学生の街づくり研究の成果が掲載されました

東急電鉄発行のフリーペーパー「HOTほっとTOKYU 7月号」に、都市生活学部の末繁講師が指導する学生グループの活動成果が『特集 尾山台・九品仏に「ナニコレ?キニナル!」を見に行こう!』として掲載されました。

本プロジェクトは東急電鉄鉄道事業本部からの受託研究事業としてスタートし、街づくりを学ぶ本学部の学生らが、前衛芸術家 赤瀬川原平らがかつて提唱した「路上観察学」の考え方で東急大井町線沿線の尾山台と九品仏エリアを調査しました。その魅力要素を学生たちオリジナルのイラストによって街歩きMAPとして紹介しています。

HOTほっとTOKYU 7月号.png

プロジェクトメンバー:
指導:末繁雄一(都市生活学部 講師)
学生メンバー:矢内結(2016年卒業)、木村志帆(4年)、國本葵(4年)、曽山聖加(4年)、田野入由佳(3年)、塚原史子(3年)、豊島菜々佳(3年)、山下祐輝(3年)

ページトップへ戻る